お知らせ

2014年アメリカ矯正歯科学会(AAO)Part1

2014年04月24日

■ アメリカ矯正学会でインビザラインの講演をしました

アメリカ矯正歯科学会(AAO)は、毎年この時期に開催される世界で大きな矯正歯科学会の1つで、世界中から著名な矯正医が集まり、最新トピックや治療方法の講演が開催されます。

今年は、本郷さくら矯正歯科から尾島院長、檀先生、矯正トリートメントコーディネーターの大森、酒井の4人が参加しました。

初日。
一緒に講演をする賀久先生と同じ飛行機で、まずワシントンD.C.へ向かいました。

成田空港からワシントンD.C.まで13時間、トランジットしてニューオリンズに3時間の空路で向かいました。今年のアメリカ矯正歯科学会(AAO)はアメリカの南部、ニューオリンズで開催されました。ジャズで有名な町です。日本より暖かく程よく湿度も合って良い気候の時期でした。

学会2日前に現地到着しました。
翌日にある日本の矯正歯科医スタディグループで1回目の尾島先生の講演があるためです。

初日の夜は尾島先生の友人のArtさんにニューオリンズの地元料理のケイジャンフードのお店をご招待していただきました。
お米を使ったオクラのスープGumboスープやエビ、ザリガニなどのシーフードがとても美味しく気に入りました。学会中のランチには必ずGumboスープを飲むほどです。

2日目~ブレックファストミーティング~

2日目。
朝の8時に講演会場のあるホテルでブレックファーストミーティングが始まります。現地に7時半に到着しました。
今回は、尾島先生が尊敬する菅原先生もいらっしゃいました。(菅原先生は大会3日目にSurgery Firstで御講演をされました。)

前半の講演は賀久先生です。賀久先生はカリエールディスタライザーを日本で一番多く使用している矯正歯科医で講演もいつも刺激的な内容でした。

後半は尾島先生の講演でした。
インビザラインを使用した加速的な矯正治療について講演しました。約45分の内容でしたがあっという間でした。

多くの先生方が当院で行うインビザライン治療について、ご興味を持っていただいたのが嬉しかったです。
菅原先生からもご質問をいただく場面もありました。

講演後に学会のレジストレーションを行いました。
本郷さくら矯正歯科のメンバーで、束の間の休息です。

午後は、ご招待いただいたレセプションパーティに参加いたしました。

Scientific Oral presentationで講演し尾島先生と同じExhibit boothのレクチャーも行なうDr.Jay Bowmanと。

Scientific Oral presentationで講演するDr.Anil Idiculla。
昨年デンバーにある彼のオフィスに尾島先生と大森さんが3日間見学させていただいています。
今年のDr.Idicullaの講演は、治療のシステムのエッセンスが含まれた内容で大変勉強になりました。
本郷さくら矯正歯科にもどんどん取り入れていきたい内容でした。

Prof.Pavrinと。来年のAAOのお話をさせていただきました。

スマイルプラスの山本先生と。

夜のレセプションパーティーが終わりいよいよ明日からAAOが開催されます。
(Part2に続く)

 

簡易シミュレーションチェック
日曜日無料矯正相談

無料矯正相談小さなことでもお気軽にご相談ください。


当院では、矯正相談専門のスタッフが患者様のお悩みを一人一人丁寧に伺い、最適な治療法をご案内いたします。
治療に関する疑問や不安な点など、どんな小さなことでも当院の矯正専門スタッフにご相談ください。

無料矯正相談ご予約はこちらから

お電話でのご相談・ご予約10:30 ~19:00(木・日・祝休診)

当院より「折り返しのお電話がほしい」という方は、
折り返し電話予約フォームよりお申し込みください。