日本アライナー矯正歯科研究会(JAAO)を開催いたしました

2016年12月1日〜2日に東京大学 伊藤謝恩ホールにて日本アライナー矯正歯科研究会(JAAO)を開催いたしました。

8名の海外からのスピーカーをお招きし、開催いたしました。

約200名の国内、海外から先生方がご参加いただき、大盛況のうちに研究会を行うことができました。

今回は、インビザラインの抜歯症例に対するアプローチについて6 Case について講演させていただきました。

インビザラインでは難しいとされてきた抜歯症例にも、細かい治療計画、加速矯正デバイスの利用、きめ細かな定期チェックとリカバリーを用いて行う当院の治療では、約1年の治療期間でのインビザライン矯正が可能になこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です