ドイツCDM Lecture 2017.2月

ドイツ(ミュンスター)で行われているCMD Lecture に出席しています。

今回は、Dr. SchuppとDr. Wolfgang の顎関節疾患に関する講義内容で、顎関節の知識について根本から学ぶことができました。

顎関節には多くの神経や筋肉が走行しており、とても複雑な関節です。

矯正歯科においても、顎関節について知識を深めておくことは大変重要なことだと感じています。2年間に渡るこの講義も、後半に差し掛かりました。

秋の卒業試験に向けて、頑張ります。

休憩時間には、インビザラインとインターディシプリナリーの治療についてもDr. Schuppとディスカッションさせていただきました。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です